• 治療
  • 日本語対応
  • 日本語以外対応

公益財団法人大阪国際がん治療財団 大阪重粒子線センター

住  所
  • 〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前3-1-10
対応言語
外観
外観
エントランスホール
エントランスホール
1階 加速器室
1階 加速器室
外観
外観
エントランスホール
エントランスホール
1階 加速器室
1階 加速器室
ジャンル
  • 治療:放射線(重粒子線)
施設概要
全国で6番目の重粒子線治療施設です。
治療室は3室あり、毎回X線あるいはCTで位置照合の後、照射を行います。治療室1は水平/45度方向、治療室2・3は水平/垂直方向で、治療室1・2では動体追跡照射が可能です。
また、隣接する地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンターや在阪5大学やがん診療連携拠点病院等と連携し、総合的ながん治療を行っていきます。
専門分野
がんの重粒子線治療
ホームページURL
https://www.osaka-himak.or.jp/
セールスポイント
【立地】 大阪の中心地に立地した大都市ならではの交通アクセスで、通院治療に適しています。

【保有検査治療機器】 コンパクトサイズの重粒子線治療装置、高い治療精度の高速スキャニング照射等、日本が世界に誇る技術により、最先端のがん治療を実現していきます。
本施設の加速器システムの主加速器にはシンクロトロン(直径17m、世界最小サイズ)を採用しています。

【施設内設備】 安心・安全の基本方針に基づき、ユニバーサルデザインを採用した施設で、患者様に優しいがん治療の提供を目指してまいります。
このプログラムに関する詳しい情報は、
こちらからお問い合わせください。