• 健診・検診
  • 治療
  • 日本語以外対応

聖隷浜松病院/聖隷健康診断センター

住  所
  • 〒430-8558 静岡県浜松市中区住吉2-35-8/住吉2-12-12(健診センター)
対応言語
病院外観
病院外観
病院外観
病院外観
ジャンル
  • 健診・検診:PET-CT
  • 治療:てんかん、眼の病気(緑内障、白内障等)
施設概要
1962年に開設し、利用してくださる方一人一人の立場に立った医療を提供することを第一に、「最善を尽くす」ことを日頃から心掛けています。当院は高度急性期病院としてより高度な医療技術を提供できるための体制を整えており、外科的治療に対応するための手術室機能が充実しております。また、診療科・部門を超え組織横断的に連携力を発揮するためのてんかんセンターやせぼねセンターなど複数科を横断するセンター機能の充実により、医療の質を高め、最適な医療を患者様へ提供しています。
聖隷健康診断センターは、「予防」という観点から利用者様の健康の寄与に積極的に取り組み、高機能な医療設備を駆使した人間ドックを提供しています。当センターが提供するPET健診は、PET検査とCT検査を合わせたPET-CT検査です。PET-CT検査は、PETとCTを同時に撮影し、PETとCTの画像を重ねあわせることでがんのより正確な診断を可能にした装置です。頭部から骨盤まで全身を検査することができます。
専門分野
健診:一日人間ドック・脳ドック・スペシャルドック(一日人間ドック+脳ドック)・MCI(軽度認知障害)ドック
治療:てんかん 他
ホームページURL
http://www.seirei.or.jp/hamamatsu/english/,    http://www.seirei.or.jp/hoken/
第三者認証
JIH/JCI
2015年4月 ISO/IEC 27001:2013 2015年4月 人間ドック健診施設機能評価更新 2015年4月 労働衛生サービス機能評価更新 その他:保険医療機関指定、公益社団法人 全国労働衛生団体連合会会員、全衛連総合精度管理事業参加機関、日本脳ドック学会認定施設、日本消化器がん検診学会認定指導施設(第182号)、日本消化器内視鏡学会指導施設(20100031号) 等
セールスポイント
【立地】
 富士山静岡空港からは車で50分、中部国際空港セントレアからは車で130分と、2つの国際空港からのアクセスが便利です。浜松駅からは車で約10分。浜松市の中心に位置しています。


【保有検査治療機器】
 MRI:2台 CT:1台 マンモグラフィ:2台 乳房超音波(エラストグラフィ):2台

≪てんかんセンター≫
・特殊検査:長時間ビデオ脳波モニタリング (long term video-EEG monitoring)
・画像診断:MRI、SPECT、PET
※当院はPETセンターを併設しており、MRIの検査結果があまり明瞭でない場合でも、PETで発作の焦点がはっきりする例が見られます。

ロボット支援手術「ダビンチ」など最先端医療機器の導入により、より高度な医療提供が可能となりました。
また、院内の掲示案内は日本語・英語・中国語の3カ国語で表示されており、外国人の患者様も安心してご利用いただけます。



【その他】
 年間25,000件の人間ドック、40,000件の一般健康診断を行う全国有数の規模を誇る健診機関です。
エックス線検査等の撮影方法の工夫や検査の際の受診者の負担軽減といった多角的な面からの検査の
精度向上を目指しています。"
『心をこめた接遇』
病院のエントランスにコンシェルジュを配置したり、看護師による接遇が評価され「第2回日総研接遇大賞」を受賞するなど、患者さんの目線に立った接遇を実践しています。
『多言語対応』
多言語に翻訳された同意書や、タブレット端末による通訳など多言語に対応できる体制を整えております。
『高度な医療の提供』
手術用ロボットダビンチXiやハイブリット手術室を備え、高度で専門的な医療を提供しています。
『国際基準の医療の質』
国際基準であるJCI(Joint Comission International)を全国で5番目に取得、医療の質向上に取り組んでいます。
このプログラムに関する詳しい情報は、
こちらからお問い合わせください。