CCRC

【CCRCについて】

CCRCとはアメリカで提唱された、 Continuing Care Retirement Community の略称で、まだ健康な間に施設に入居し、人生最期の時までを過ごす高齢者のための生活共同体のことです。日本政府は日本版CCRC構想有識者会議を設置し、平成27年12月に日本版CCRC構想を「生涯活躍のまち構想」として、「都市部から地方移住を促進し、さらに移住した高齢者が積極的に就労等の社会活動に参画することで、地方の活性化にも資することを目指すものである」と発表しています。

日本版CCRC構想は、以下の7つの点を基本コンセプトとしています。

【提供サービス】

日本版CCRC構想の理念に基づき、「高齢者が健康な段階から移住・入居し、自身の趣向にあったアクティブな生活を送りながら、できる限り健康長寿を目指す」ことを実現するためのヘルスケアサービスの開発を進めていく。

■東京圏をはじめ大都市の高齢者の地方移住の支援
東京圏をはじめ大都市の高齢者が、自らの希望に応じて地方に移住することを支援するため、ニーズに応じたきめ細かな支援を展開する。
→例)移住情報提供、相談、お試し居住など。
高齢者が、健康づくりとともに、就労や社会活動・生涯学習への参加等により、健康でアクティブに生活することを目指す。
→例)子育て支援、地域おこし、生涯学習。(地域貢献に応じた医療介護ポイントなど)

■「継続的なケア」の確保
医療介護が必要となった時に、人生の終段階まで尊厳ある生活が送れる「継続的なケア」の体制を確保する。地域の医療機関、介護業者と連携。
→例)重度になっても住み慣れた居住地で医療、介護が受けられる仕組みづくり。

■地域社会(多世代)との共働
従来のように高齢者だけで生活するのではなく、高齢者が地域社会に溶け込み、 子どもや若者など多世代との共働や地域貢献ができる環境を実現する。
→例)空き家や地域資源を活用し、地域の交流拠点となる場所を整備。

■IT活用などによる効率的なサービス提供
IT活用や多様な人材の複合的なアプローチ、高齢者などの積極 的な参加により、効率的なサービス提供を行う。
→例)人材の不足について、IT活用を検討する。

■居住者の参画・情報公開等による透明性の高い事業運営
事業運営においては、居住する高齢者自身がコミュニティ運営に参画するという 視点を重視する。情報などについても積極的に公開する。
→例)財務情報、要介護情報、健康レベルなどの情報の公開。

■関連制度や地方創生特区等の活用による政策支援
関連制度等のほか、「地方創生特区」や「地域再生計画」の活用による政策支援 を検討する。

(出展)日本版CCRC構想有識者会議より引用改変